2011/06/20

懐かしすぎる「ホットロード」

週末の夜になると、(いまだに)暴走族がヴォンヴォン走り回っている我が家の近所。その騒音を聞きながら、ふと「ホットロード」というマンガがあったなーと思い出しました。ワタシが中学生の頃に別冊マーガレットで連載されていた作品です。登場人物たちと世代がかぶっていたこともあり、何度も読んだ記憶があります。その舞台が、思い返せば湘南だったなぁと気が付いて、超久しぶりに読み返したくなりました。

思い出し始めると記憶が急につながり、主人公の女の子が、住んでいる場所を聞かれて「くげ…沼海岸」と答えているセリフまで頭に浮かびました。当時は湘南なんて興味がありませんでしたし、ましてや鵠沼海岸なんていう地名も知りません。「湘南」=「暴走族」=「ふーん」という程度の認識です。いま読んでみたらきっと地名や風景がわかって、違った見方ができるかもしれません。

たしか実家にあったはず。さっそく母に電話をして、本棚から発掘して送ってもらいました。
そうそう、これこれ。描かれている景色や地名も「あ、ここだ!」と今ならわかります。前出の「くげ…沼海岸」と答えるくだりも記憶通りにありました。
その場所にいま自分が住んでいるなんて、なんだか不思議な気分です。

「だからどうなの?」と言われると返答のしようもありませんが(笑)、懐かしい記憶と、今の自分とがこんな形でつながるなんて、ちょっと面白いなぁと感じた雨の午後でした。

2 件のコメント:

  1. わぁっ!!懐かしい!!
    私もホットロード、中学生の頃に呼んでいました♪
    綺麗になっていく和希ちゃんに憧れて・・・。
    私も文庫版を持っています~♪

    そうだ!
    当時鎌倉に住んでいた私は、「見かける風景だな~」とは思っていたけれど、今はお互い思いっきり地元ですよね!!

    返信削除
  2. *natsuさん

    懐かしいですよねー。懐かしすぎます。

    当時は、ハルヤマが住んでいるところが「手広」って書いてあっても「てびろ?」って全然わからなかったんですけど、今なら位置関係がわかるので、読み直してみると新たな発見があったりして面白かったです(^^)

    返信削除